大谷能生×木村覚往復書簡(メール)2


(2)大谷→木村

木村さん
 ども。なにはともあれ、お疲れ様でした。

 連日の盛況、ぼくも驚きました。もちろん宣伝その他、これまで以上に広く告知頑張ってのぞんだ訳ですが、正直、千駄ヶ谷のLOOPLINEでおこなわれてきた「室内楽コンサート」のお客さんは、毎回だいたい10人から多くても20人という規模なので、あの大きさで3DAYSは厳しいかな、と思っていました。集客に関してはいつも読めませんが、今回に関しては、神村さんを見に来たお客さんと「室内楽」を見に来たお客さんがほぼ半分半分という印象で、多分、どちらも知っている/これまでにきちんと見たことがある人は極端に少なかったんじゃないかと思います。(木村さんも「室内楽」は未見ですよね?)つまり、客席の状態は企画時に考えていた目論見どおりだった訳で、これは非常に嬉しかった。疑問符だらけのまま、簡単に結論を出そうとするならばステージがそのまま消え去ってしまうようなフラジャイルさの中で、しかし確固として事が進んでゆく時の緊張感こそ、ステージ・アクティングを見る最大の喜びです。

 「室内楽」コンサートについての幾つかのご感想に、ぼくなりに答えてみます。答えるというか、まずは書きながら、前提となるだろういくつかの事柄を自分でも確認してみようと思います。

 「室内楽コンサート」を企画した杉本拓、大蔵雅彦、宇波拓は、九〇年代後半の日本の「即興演奏」による音楽の現場で、自身の音楽的プロフィールを形成しはじめたミュージシャンです。彼らは、90年代後半から00年前後にかけて、それまでに殆ど使われてこなかった、さまざまに極端な音楽的素材を、「即興演奏」のステージに導入しました。その一つとして、「静寂/沈黙/休符(tact)」を挙げることが出来るでしょう。ですが、「静寂」はあくまで素材の一つであり、特権的な要素ではありません。その他さまざまなものがステージに導入され、その結果、「即興演奏」を巡るイメージや言述のあり方が大きく変化することになった。これまでに前提とされてきた、「即興演奏でやるべきこと」の価値に、ここでヒビが入ったのです。

 彼らが身を持って、即興演奏時に使用できる音楽的素材を、そのもっとも弱いものから強いものまで、ほとんどあらゆるものをステージに上げてしまった結果、現在、即興演奏では、「どのような音素材を使ってもステージは成立する(だろう)」ということが前提となっています。これは大いなる自由ですが、もちろん、音楽はそんなに簡単に作られるものではありません。むしろ、何をやっても「音楽」に回収されてしまうような、すべてのものが許されている「一神教」的な現場で、自分の選択でもって音を発するということの意味はあるのか? 自分の選んだこの音は、本当に自分が選んだものなのか? すべてのサウンドとストラクチャアが「鼓膜的な好み」に還元されてしまうような場所で、自身の音楽をどのように組み立ててゆくべきなのか? という問いが、消えないまま、ぼくたちに目の前には広がることになりました。ここから「室内楽」の試みはスタートしているのだと思っています。

 書きかけですが、これから慶応の講義に行かなくてはならないので、一旦送信します。もし出来れば、簡単にでも返信いただけると嬉しいです。

大谷能生
(2008年4月30日 13:15)
[PR]
by directcontact | 2008-04-30 22:38 | vol.1神村恵×室内楽コンサート


<< 大谷能生×木村覚往復書簡(メール)1 大谷能生×木村覚往復書簡(メール)3 >>