今日は2日目、明日は3日目

DIRECT CONTACT vol.2が昨日の晩、はじまりました。

制作がいうのも変ですが、秋山・大橋の二作品とも非常にクオリティが高い。大橋可也&ダンサーズ「BLACK SWAN」は、明らかにいままでの日本の「コンテンポラリーダンス」という枠では収まることのできない、「未知の何か」です。秋山作品は、、、ぼくがくだくだと書くのは蛇足でしょう、必見です。

公演というのは蓋をあけてみないと分からない面があって、いまにして、ああもっと宣伝しておけばと思っています。見ないのはちょっともったいない。この二時間で2000円は安いと思う。それでも、2000円きついという人は、批評文執筆にエントリーしてくだされば、招待します。



木村(9/10)
[PR]
by directcontact | 2008-09-10 09:30


<< 第1回批評文募集(1) 審査結... 大橋可也&ダンサーズ「明晰の鎖... >>